身長と遺伝|HGHデルタバランス

身長と遺伝

身長と遺伝

自分が身長が低いと、子どもも・・・と心配される方がいますが、必ずしも身長が遺伝するとは限りません。

 

子どもの育つ環境と自分が育つ環境がまったく違えば、小さな親でも子どもが大きくなることがあるのです。

 

身長の遺伝は2〜3割程度しかなく、身長を予測する計算もありますが、参考程度に考えた方が良いでしょう。

 

【身長予測の計算式】

 

・男の子 =(お父さんの身長 + お母さんの身長 + 13) ÷ 2 + 2

 

・女の子 =(お父さんの身長 + お母さんの身長 − 13) ÷ 2 + 2

 

 

ただ、親の身長は関係なくても、親というのは子どもの身長に重要な影響を与えます。

 

その理由は「生活習慣」です。

 

生活習慣が与える影響

 

身長と遺伝

子どものうちは親の生活に合わせて生活することが多く、親が食事を作るのが遅かったり、夜寝るのが遅ければ、自然に子どもたちもその生活に合った生活をすることになります。

 

また親が好き嫌いが激しく、偏った栄養しか摂取できなかったり、食が細くて少なめの量しか食べることができなかったりすれば、自然と子どもの栄養が偏ってしまったり、栄養不足になってしまうのです。

 

ネグレストや育児放棄などの子どもたちが栄養失調になったり、体が小さいことがありますが、よく食べさせているのに・・・というお子さんの中には、食べている中身(栄養)が原因になっていることがあるのです。

 

最近の子供たちは習い事や勉強で、明らかに寝る時間が少ない子もいますが、勉強や多忙によってストレスがたまり、睡眠不足なうえリラックスができないことがあります。

 

ストレスは視力低下の原因にもなるので、体のことをしっかり考えていきたいものです。

 

子どもの身長を伸ばしたいと思うなら、親が神経質になりすぎないことも大切です。

 

遺伝だからと必死になりすぎてあれこれすることで、子どもも自分の身長の低さをきにしてしまい、
結果的にそれがストレスになることもあります。

 

「遺伝ではない親の影響」がより良いものであるように、心がけていきましょう。

 

身長が伸びるためにできることをしてみた結果・・・