身長が伸びない原因|HGHデルタバランス

身長が伸びない原因

子どもと睡眠

身長が伸びない原因はいろいろとあります。

 

特に最近の子どもたちは、大人以上に忙しく、睡眠不足に運動不足の子供たちが
増えています。

 

最近では「ゲーム脳」「ネット依存」なんて言うのもありますが、それでも小さな
子どもの教育に早くからインターネットやi-Padを使ったりもします。

 

特に気を付けて欲しいのが、就寝前のテレビやゲーム、インターネットです。

 

睡眠は成長ホルモンの分泌と深い関わりがあり、身長にも関係してきます。

 

きちんと睡眠時間を気を付けていたとしても、寝る前に脳を活発に動かしてしまうと、
成長ホルモンの分泌量が減ったり、熟睡できないことがあるのです。

 

テレビを見ないかわりに、インターネットやゲームを遅くまでしている子たちも多く、
日々の忙しい生活で寝る前のひとときにしかできない場合もあります。

 

本来、理想としては「朝早く起きれたらしても良い」とか、食事やお風呂の前
決められた少しの時間だけにしたり、早起きをすればゲームができる・・・というような
メリットに繋がるように考えると良いでしょう。

 

日本人は小中学生のときから海外に比べると平均睡眠時間が少なく

【日本】7時間
【欧米】8時間以上
【西欧】9〜10時間

 

背の高い西欧人はよく眠っていることがわかります。

 

ちなみに理想の睡眠時間は

 

【幼児〜小学生】9〜10時間

 

【中学〜高校生】8〜9時間

 

子どもと睡眠

高校生になっても10時には寝る習慣の子もいますが、それでは勉強や部活ができないため、なかなか難しいことです。

 

しかし、睡眠は成長ホルモンの分泌をしたり、ストレスを解消する大切な時間帯で、睡眠が減れば、おのずと体はメンテナンスができなくなってしまうので、できることなら寝る時間を少しでもできるように工夫をしてあげましょう。

 

もちろん、毎日はムリ!ということもあるし、今は共働きで食事やすべてのことが遅い場合もあるので、生活の順番を考えながら、早寝早起きのリズムを作っていきたいものです。

 

■参考記事・・・「身長が伸びる時期」